安愚楽牧場元社長ら逮捕へ 事実と異なる説明、出資者7万3千人 戦後最大の企業破綻

 和牛オーナー制度が行き詰まり、計約4300億円の負債を抱えて経営破綻した畜産会社「安愚楽牧場」を
めぐり、同社が事実と異なる説明で顧客を勧誘していた疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は、特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で、三ケ尻久美子元社長(69)ら3人の逮捕状をとった。容疑が固まり次第、18日にも逮捕する。このような商法に騙されないよう注意しましょう。怪しいなと思ったら、まずは相談しましょう。国民生活センターに相談窓口があります。

"安愚楽牧場元社長ら逮捕へ 事実と異なる説明、出資者7万3千人 戦後最大の企業破綻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント