地域包括支援センター お仕事紹介 第3段☆

皆様、こんにちは。

地域包括支援センター お仕事紹介 第3段!

今月は、看護師・保健師 

当センターは、看護師が1名在籍しております。

病院じゃないのに、看護師!? なんて声も聞かれたりしますが、
実際の場面、どのようなお仕事をしているかご紹介いたします。

看護師。
地域包括支援センターの3職種のひとつになります。
センター内での役割は、予防支援業務。 
これが、とても幅広いんですね。  予防って一言にいっても、
この予防の取り組みには3段階あるんですね。
まずは1次予防 高齢者を対象にした地域の健康教室、自治会単位での体操、
セルフトレーニング、ウォーキングとかダイエット、そのようなものをさします。
そして2次予防。 なんらかのご病気によって生活上、軽い制限があったり、支障がある方、
今後、要介護状態になると見込まれるかた(健康習慣がない、健康つくりに興味関心がない)をさしています。それ以上になると、介護保険認定の範疇になりなんらかの生活支援が必要となる方をさします。

高齢者の元気を応援する、そのような立場でさまざまな取り組みを企画、運営しています。
まずは、予防啓発、例えばインフルエンザ、熱中症の予防啓発活動を行ったり、
健康つくりの啓発をするためのチラシ配布、リハビリ相談、認知症相談を行っています。

なかなか病気がなかったり、いますぐ何かしないといけない!といった危機的な状況でないと、
健康つくりに興味を持っていただけません。 できれば、そのような危機的な状況を回避できるように
未然に防ぐことが、私の大きな役割になります。

HPや、職員の協力もあり、予防啓発活動には職員全体で関わっていただいています。
これからもセンターからできるだけ多くの啓発活動を発信していきたいと思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック